≪打楽の王道≫

Instruments 2 ツアーセッティング 《tour setting》
up
up front right left back
今回は最近のツアー用パーカッション・セッティングについてスポットをあてて話していこうと思いまする。
セット全体のテーマは、「機能的でシンプルなセット」が基本になっています。

まず知ってほしいのは、十人十色。もっと言えば同人十色!プレイヤー、一人一人によって使う楽器が仮に同じでも楽器の配置は違ってて、私自身も音楽のジャンル、バンド、楽曲の内容、場所etc。
さまざまな条件で使う楽器の種類を含めてセッティング「楽器の配置」はさまざまなパターンが存在します。
それだけセッティングには、パーカッションに限らずその人の個性、スタイルが表現されているように思われまする。
では、これからみなさんが私のパーカッションを演奏する気分で私のステージでの立ち位置へと御招待することにしましょう・・・。 チョット寄ってってみてやぁー。(協力 チーム・アクティブ)