≪まる鮮!≫

まる鮮デイリーニュース


     8月のまる鮮デイリーニュース
8/24
完結編 TUBE横浜スタジアムコンサート無事終了。
参加された方は如何でしたかぁ?もうすぐ夏も終わるって感じですよねぇ・・。
さて打楽伝道師としての野外コンサートにおけるワンポイントアドバイス!
一番気を付けなければならないのが「コンガ」「ボンゴ」etcの本皮のチューニング。
野外コンサートのリハーサルはお昼過ぎが一般的、その時間から本番までの時間が長く空いてますし気温、湿度ともにかなり変化がある時間帯です。
特に夏はネ。もちろん天候にも左右されます。
せやし、リハの時から一杯一杯に皮を張り過ぎると本番前にチューニングがほとんどの場合下がってくる傾向がありますからそのまま本番に望むと「あれっ!?」ってことになりがちなので、出来るだけ本番直前にチューニングを自分の耳で確認するようにしましょう。
私は必ずステージメンバーより早めにステージ横で待機して、本番5分前までチューニングの確認をしてるんですよ。
気付かれた人もいるかもしれませんが、私の「コンガ」「ボンゴ」etcの楽器が本番直前にステージにセットされていたのはその為です。
今回のコンサートの1曲め「ガラスのメモリーズ」では、「ボンゴ」。
「シーズン イン ザ サン」では「コンガ」etcが活躍する曲がはじめからあるときは特に気を使いますね。
コンサートがはじまってから終わるまで何度となくチューニングはチェックしてまーす。
写真はリハーサル時に何かの待ち時間が出来たときでもすぐさまシートをかけて直射日光から楽器を保護しているところやでぇー。
そして控え室での私の写真!この写真はコーラスの伊藤氏に「撮ってくれへん、そのかわり伊藤さんのを撮るワ・・」と言ってお互いのカメラで撮った写真でござりまする!!
私が伊藤氏を撮った写真はパンタロンマンでアップされてるのか否かは・・定かではないでぇー。



第三話 
横浜スタジアムでのリハーサルも無事に終わり控え室え戻ってコーラスの伊藤一義氏を写真でパチリ。
今回はチアリーダー!?・・もといコーラスリーダーとして脇に女性人を従え!?従えられて??・なんてネ。
10月には伊藤一義ソロに私も参加しますので観に来られる人は楽しみに!詳しくは商人魂を要チェック。
次の写真はキーボード 吉村龍太氏
ファンからいただいた手紙にサインを書いてあげてるとこだよん。
実は私と伊藤氏もその手紙にサインを頼まれてもいないんですけど書いちゃったんですよね!
きっとその方は手紙を受け取ってビックリだよね。この場を借りて「すんませーん」
吉村氏は次の日からニューヨークに旅発っちゃいました。かっこええー!
お次の写真の女性は、スタイリストの今井聖子さん。関西人やぁー!
ここ数年のTUBEに関係する衣装はほとんど今井さんが手掛けてるんですよ。
Ridingの衣装関係もそうなんですよぉー。・・今回のステージ衣装は如何でしたかぁ?
ツアー最終日の横浜はホントにたくさんの関係者の方々が来られてましたねぇ。そのぶん、今日でラストなんやぁって実感しながらステージへ向かいましたね!

第ニ話 
今回のツアー、ホーンセクション。写真左からサックス 甲田伸太郎、 バリトンサックス 押川幸正、トロンボーン 鈴木興、 彼等3人はFROM「ブラッテスト サキソフォーン」。
私は彼等とは今回はじめてやってんけど、なかなかの個性派揃いでライブハウスでも今注目されてるバンドやでぇー。
この間の24時間TVでも、横浜スタジアムでも見事に「幸」さんの三角倒立決まってたなぁ・・えっっ!?どんなほめかたやてぇ?いやいや、知れば知る程あじの有る彼等です。
その横の写真は、トランペット 澤野博敬、澤野氏とは10年前の織田哲郎さんのコンサートや大黒摩季さんのコンサートでも一緒にお仕事してて、今やコンサートツアーにはかかせないトランぺッターの一人やぁ。
パーカッションにも理解のある彼はステージでもいろんなパーカッションにトライしている一人ですよ。
でもホーンセクションのみんなはホントお酒大好き人間の集まりで、リハーサルであっても必ずの台詞が「昨日、酒飲み過ぎ・・今日は酒を抜かなきゃ・・ウウッ」って言いながらリハーサルが終わって「今日は飲みに行かないの?」って誘われたらもう「行きますかぁ!」ってことになってんねんなぁ・・凄いねぇ。
でもって忘れてはいけないもうお人方、写真はサックスの勝田一樹、ホーンセクション全体を統括しておりまする。
勝田氏には珍しくトレーナーの人とストレッチ!???
実は私達の控え室に遠くの方から「ギャぁー!」「いててててぇー」「あぁっー」って叫び声が聞こえて来たのでどないしたんやぁって行ってみたらこんな感じで勝田氏を激写。
お酒君に弱らされた内臓殿のお叫びやったみたいですねぇ・・。
勝田氏は今や日本を代表するサックス界のトッププレイヤーなんですよ・・吹いたら凄いんです。
横浜スタジアムでは、数曲私の隣でコンガやティンバレスをいきなり叩きに来ちゃいましたねぇ!
そのまま一緒にパーカッション演奏しちゃいましたよん・・イェーイ!!                       


第一話
TUBE、横浜スタジアム本番当日。
天気予報ではほとんど雨だったのに晴れましたねぇ。これまた昨年とはおお違い!
スタッフの方達は昨日の雨で作業がたいへんだったでしょうけどその分まで頑張りまっせぇーということで、お昼の12時頃球場付近をのんびり歩きながら向かっていると、公園で音響機材や楽器をセットしている人を発見。
私が「ここで今からなにをなさるんですか?」と聞くと「TUBEのコピーバンドが2バンドで演奏するんですよ・・・」
私「ええっ!!今からここで???・・今日はそこのスタジアムでTUBEのコンサートがあるんですけど」と言うと、「はい、演奏してから観に行きますんで・・頑張って下さい。」と逆に励まされ名刺までいただいちゃいました!?・・・
コンサート中にボーカルの前田氏も「まさに俺、そっくりな人がスタジアムの外で歌ってたねぇ・・」って触れてましたねぇ。
あれはギターの春畑氏が情報を知ってスタッフの人に頼んでビデオに撮って来てもらったものを楽屋でみんなで観てたみたいですよ。バンドのみんなも嬉しかったでしょうね・・・。
さて、横浜スタジアムに到着。
ステージメンバー、関係者入り口には、花が一杯やぁ・・写真参照・・
そしてリハーサルも終わって控え室に戻る時にステージをパチリ、ええ天気です。
今日の控え室は、コーラスの伊藤氏、キーボードの吉村氏と一緒、写真はコンサート本編の3人の衣装ですよん。        

8/20
うぁっー!!東京は、はちゃめちゃええ天気やでぇー。雲一つないわぁ!
台風去って風がきついけど気持ち良いのだぁー。
今日は東京某所にて24日の確認リハーサルがスタッフ、ステージメンバーにて行われました。順調やぁ!
スタジオ別室ではアクセスの武道館ライブをひかえたリハーサルが行われてましたねぇ。
ボーカルの貴水氏とは、ソロ活動の中でレコーディングに参加させてもらったり、ソロライブもみせてもらってますけど、とっても好青年で私も応援しておりまする。
さてさてツアーの方は残すところ横浜スタジアム1本になっちゃいましたねぇ・・
そんなこんなで写真は今回のツアーダンサーの4人でーす。
左からタエちゃん、マナちゃん、ナナちゃん、トマリちゃんやぁー!みんなごっつう明るい女性達でーす!!
そんでもってお隣の写真は濱田'ぺコ'美和子さん、コーラス&ダンサー、メンバーの振り付けからステージディレクターまで頼れるお姉様やぁ。
ぺコさんとは知り合って10年、全身元気の固まりみたいなエネルギーの持ち主。
大江千里さんのサポートしているステージをみにいかせてもらったり、自身のライブにも一度ダンスで上がらせてもらいましたねぇ・・懐かしい。で、浜崎あゆみさんのライブでのステージ・Dや振り付けもされてて超多忙な女性やでぇ!!
あゆちゃんとペコさんは「つーかー」の仲らしい・・・「ツーカー」の・・もしもし!???・・失礼!ぺコさんはドコモだそうです。・・オーィ、みんなぁ~返ってこぉーい。        
                 
                                
8/17
みなさ〜ん!残暑お見舞い申し上げます。
さて私は新幹線にてお昼に東京まで移動してきたんですがさすがに帰省のみなさんもたくさん乗られてて車内は混んでましたね。だからかなぁ・・車内は蒸し暑かったです。
でも都内の道路はまだまだすいてるって感じで日本テレビには予定の入り時間よりもかなり早く到着やぁ。
そうです!今日は日本テレビ、24時間テレビ「愛は地球を救う」の中での番組、「夜のヒッパレスペシャル」にTUBEのサポートとして出演してきました。
それにしてもいろんなタレントさん、アーティストのみなさんがおられましたねぇ・・。
番組を観たみんなもビックリしたんじゃないですか?ほんとお祭り騒ぎでしたよね。
今日のライブメンバーはほとんど今回のツアーメンバーで出演したんですよ。
えっっ!?そうそう、サンバダンサーのみなさんは違いますけどね。
ちなみに浅草のサンバチームからこられたそうな・・英語ありポルトガル語あり日本語ありetcな感じ!
私が演奏してたのテレビでわかりましたかぁ!?・・・
写真は日本テレビに入館すると足下に大きくディスプレーされてた24時間テレビのマークです。
そしてリハーサル時に1枚、こんな感じでーす。めっちゃ後ろだったのでテレビでは写って無かったんじゃない。
そして控え室の時計に日テレマーク発見やぁ!!・・・。   

8/15
今日は兵庫県神戸の方へ出没してきました!俺はクマかぁーって。
午前中は須磨海岸でのんびりしてお昼には舞子にあるマリンピア神戸、ポルトバザールといって、めっちゃひろいファクトリーアウトレットモールでショッピング。これまたとても景色のエエとこやねん。
写真はそこから眺める明石海峡大橋。
左には淡路島が写ってマ。あいにくちょっくら曇り空でしたけどね。
次ぎの写真も大橋をパチリとした後振り向けばこのヨット達!・・でもってこんなとこやぁー!!ッて感じで最後に1枚パチリ。

8/14


なにげに夜テレビを観ていると、吉田拓郎さんと久本雅美さん司会のなつかしい曲のVTR番組に私も「ああーこん時観てたなぁ・・」とか「おおっ、凄いー。」なんて思っていると、おどるポンポコリン!で有名なB・BクィーンズのVTR(夜のヒットスタジオ)が流れて自分もビックリ!
こん時、パーカッションで参加してたんですよね。
確か、はじめてB・Bクィーンズがベールを脱ぐってことでリハーサルから取材の方達がたくさんこられて、テレビ当日も凄かったのを覚えていますね。
そんでもってメンバーとして一緒にたくさん写真を撮られてたのを思い出しちゃいました。               
8/14

御盆でんなぁ〜。
私めは祖先の供養もすませ、日夜打楽伝道師として我が秘伝を伝授する毎日でござるよん。
それにしても毎日、もうしょうがないくらい・・モウショウがないくらい。猛暑!!?やなぁ・・・・。
ちっとは涼しなったぁ?ぇっっ、凍えるぐらいやてぇ!?
8/11
京都でのライブ、無事終了。
ライブハウスは満杯でしたね。来てくれたみなさんありがとねぇー。
ALL NEW NATIONはファンクラブも発足してこれからが楽しみなグループやぁ!
9月15日も楽しみにしといてやぁ。
                           
8/10
今日は明日のライブリハーサルの為に京都にお昼から行って来ました。
写真左に写っているのは京都三条大橋といって東海道五十三次の西の入り口になるそうな・・
写真の川は鴨川といいまする。
ふだんは三条の川べりに車が止まっているのはあまりみないような・・
京都はもうすぐ大文字焼きやなぁ・・。
明日のALLNEW NATION は私の盟友、渡辺大ノ伸(Vo)率いる4人のボーカル(男性)グループ!ソウ
ルフルなナンバーからAOR調のラブソングまでを歌って聴かせまっせぇー!?
そしてスタジオ・ラグには9月15日の京都市円山公園音楽堂でのライブのポスターや広告発見!
詳しくは「商人魂」を要チェック。
・・・いかん!?もう朝の5時になる・・はよ風呂入って寝なあかんがなぁ!!
8/4
昨日の名古屋球場も無事終了。打ち上げはたいへん盛り上がってましたねぇ!
おかげで東京帰りチームの半分ぐらいみんなお寝坊さんで新幹線乗るのにスタッフともどもバタバタ状態でしたね。
私とドラマーの松本氏は大阪組で新幹線指定の時間がフリーやったんでせっかくやしお昼をということで、名古屋駅で今回のツアーダンサーの二人とも偶然合流。
「味噌煮込みうどん食うでェー」ってことでお店での1枚やぁー。
こぼれ話し、打ち上げ後コーラスの伊藤氏の部屋で盛り上がってキーボードのリュウタ氏はそのまま伊藤氏の部屋で大の字でおやすみ状態。
集合時間に伊藤氏がリュウタ氏を起こしてあげたら「だれ!???・・なんでいるの・・」と言われたとかいないとか。
8/3
名古屋球場本番日。天候晴れ!!昨年は凄い雨でしたよね。いまでもよう覚えてま。
車で球場がみえて来ると話には聞いてたんですけど、少しづつ取り壊されていく球場にはどことなく寂し気に感じちゃいましたねぇ・・。
やっぱ暑かったですねぇ!でも蒸し蒸しして無かっただけ幸いかなぁ!?
控え室にはこんな物まで・・写真参照・・そう、氷やぁ!
次の写真は、グランド客席内に立ち入り禁止の囲いがしてあるのがみえますよね、何故だかわかります?・・大物ゲスト席?ちゃいまっせぇー。
正解は、ピッチャーマウンド!
もう一ケ所写真には写ってませんが・ホームベース付近がありんす。
さて、ステージ本番が近付いてくると緊張をほぐしたりするのにストレッチなんかをするんですが、写真はステージ5分前での1枚。けしてゴミ拾いやコンタクト探してるんとちゃうでぇー!?
8/2
お昼に名古屋に到着。そこから尾張旭にある星野楽器製造さんにおじゃましてきました。
星野楽器製造さんとはもう20年近くのおつき合いで、ドラム類、パーカッション類のさまざまなことでお世話になっています。
今日もお昼の1時頃から夜の9時頃まで新商品の楽器、楽器業界のことから打楽話しにと・・いろんな話題に尽きるこ
とが無かったですね。
写真は星野楽器製造さんのブランド「タマ」、ドラム展示ルーム、そしてまだ塗装前のドラムシェルが置いてある倉庫での写真。
実際にこれだけのシェルを目の前にみると感動なのです。
写真のフレームにはほんの1部しかおさまってないですけどね。